医療の現場で医師として活躍する人のための求人情報!

高齢化社会にますます拍車がかかる現在では、病院やその他の施設などで活躍する医師や看護師は重要な存在です。だからこそ、働きやすい職場環境が整った職場で働く必要があります。

お線香やお花のお供え

お墓参りに行く時にはお墓の掃除もしっかりと行いたいですね。

そして、お線香やお花のお供えも忘れずに行っておきましょう。

また、お線香やお花は帰る時にそのままにしておいても問題はありませんが、食べ物や飲み物は持ちかえるように書かれている事もあります。

パッケージに入れているから大丈夫だと思っても、猫やカラスなどに荒らされてしまう事もあるようです。

そうなれば、辺りは散らかされてしまいます。そうならない様に食べ物や飲み物のお供えは、帰る時には持ちかえる様にしましょう。

お線香を仏具の香炉に立てる時のマナー

お線香を立てる時は先にロウソクへ火を灯し、そこから火をつけます。仏具の香炉へ立てる時の本数は、49日を終えるまでは道しるべの役があるため、立てる際は必ず1本です。この時に2本にすると、亡くなられた方が道に迷ってしまうのが理由です。

49日以降は宗派により異なりますが、3本から1本の所が多いです。また、お線香を香炉の幅に合わせて折り畳み、灰の上に寝かせる宗派もあります。特に違いはないので、地域により異なるとだけ覚えておくといいかもしれません。あと、仏壇に先にお祈りをしている人がいる場合は、追加でお線香を立てる必要はないです。立てる時は深めに入れて倒れないように注意しましょう。

故人を思いやるお線香

葬式や家の仏前などで、お線香を立てます。故人の死を偲び安らかな眠りを願う行いです。お線香の数は決まった数を立てる必要があります。逆三角形に三本、奇数本立てます。

これは仏教でいう現在と過去と未来という意味があります。人が生まれてから死ぬまでの人生をお線香で表現します。故人の生き様を亡くなってからも大切にする気持ちがあります。

最近では色々な形のものが出回っていて、個人の好きだった食べ物やお酒をモチーフにした形が販売されています。葬式後は色々と疲れが溜まりますが、息抜きとしてショップに出かけるのも良いです。

お線香をお供えする際の名入れについて

お線香をお供えする際、掛け紙に入れる名入れについて、正しい知識を身に着けておきましょう。掛け紙には銀色の水引を掛け、水引の上の表書きには「御香」や「御霊前」「 御仏前」「 御供」、「新盆御見舞い」「初盆御供」などを選びましょう。

水引の下に送り主の名前を入れます。左側が上位だと勘違いされる方も多いのですが連名で入れる場合は右側から書くことに注意しましょう。職場や仲間の複数名で送る場合は「〇〇一同」「〇〇有志」とすると上下関係を気にせずに済みます。最近ではお線香の名入れを無料でサービスしてくれるところもあります。

線香は昔ながらのものが多い

新しい商品もどんどん出ていますが、昔から使われている商品が多くなっています。とにかく同じものを使いたいと思っている方も出ているので、基本的には作り方を変えないように、そして利用する方法が変わらないようにしています。もし変えてしまうと、色々と違和感が生まれて、使っている人の満足度も上がってきません。

大事なのはしっかりと使えること、そして使った時の違いが出ないものを選び、作る側もあまり製法を変えていないのです。今でも使われている線香の多くが、昔から作られているものであり、製法などを一切変えていないのです。

お線香についての記事

医師求人、医師転職、バイト、ウエディング、藻場再生、お線香、マイクロスコープのコンテンツを増やしていきます。

医師求人、医師転職、バイト、ウエディング、藻場再生、お線香、マイクロスコープ以外のお問い合わせはこちら