医療の現場で医師として活躍する人のための求人情報!

高齢化社会にますます拍車がかかる現在では、病院やその他の施設などで活躍する医師や看護師は重要な存在です。だからこそ、働きやすい職場環境が整った職場で働く必要があります。

なじみ深いお線香

お線香
お線香は私たち日本人には非常になじみ深いものです。遥か昔から利用されてきました。お線香は仏教と切っても切れない深い関係があります。

昔から日本では仏教があるため、宗教的な目的で利用されてきました。しかし、あまりにもいい香りがする事から、現在では香りを楽しむ目的で利用する人もいます。

お香も似た様な物ですが、やはりお線香とは違ういい香りがします。

社会が高度な発展を遂げた現在においても、多くの人が利用しています。
これからも、多くの人に利用され続ける事でしょう。
その日の気分によって、好みのお香を焚いてくつろいでみてはいかがでしょうか。

お香立てにも色々な種類があり、煙が設計されたものなどは、見ているだけでも美しいですよ。

お線香といってイメージすること

お線香といって一般的にイメージするのはお墓参りの際持参してお墓に供えることか仏壇を拝むとき線香立てにお供えすることでしょう。古代インドが発祥のお線香は日本には室町時代に伝来したといわれています。

当時は外国産のものを香りを楽しんだり医療目的で公家の間で贈り物として使われていました。国産のものがでまわってきたのは17世紀後半のことです。一般に仏事に使用することが多い線香ですが、最近は花の香りのものや香水に似た香りのものなどが出てきており手軽に使える便利さもあり、部屋の消臭やアロマキャンドルと同じようにヒーリング用品としても使われるようになりました。お線香のイメージも変わっていくかもしれません。

お線香を贈り物にする時に気をつけたいこと

お線香は葬儀や法事の際に故人を偲ぶ気持ちを込めた贈り物として使われますね。ところが使い方を間違うと却って失礼に当たる場合もありますので、きちんとポイントを押さえておきましょう。

まずお線香は仏教で使われるものですのでキリスト教をはじめとして、相手方の宗教に気を配りましょう。贈り物にする際には家庭用の物ではなく進物用のものを選びましょう。

お線香には長さや煙の出方、匂いの付いているものとそうでないものなどいろいろな種類がありますので、状況に応じたものを選びましょう。表書きは故人が亡くなって49日より前の場合には「御霊前」49日以上経過している場合には「ご仏前」となります。

包み方も仏事用では開封するときに左から開くように包み、慶事用では右側から開くような包み方になります。贈る相手に自分の気持ちがちゃんと伝わるように最低のマナーを身につけておきましょう。

お香の効果と上手な焚き方について

アロマオイルなど流行っていますが日本にもお香という文化があります。線香との違いは使う場面というくらいで似たようなものなので取り扱いは簡単です。その香りは癒しの効果が得られるだけでなく、集中力を高めたり勉強をはかどらせる効果も。空間をより快適なものに変化させる効果などもあり、シーンに合わせてさまざまなお香を活用するとより生活が豊かになることでしょう。

棒状や円錐形などありますが、火を使っているため焚き方には注意してください。周囲に燃え移りやすいものがない状態で行い、安定した場所に置いて使用しましょう。部屋を閉め切ることなく換気するのも必要です。

お線香の煙が気になるようであれば

お線香は仏壇のマストアイテムです。それが無ければ、故人に思いをはせる事が出来ません。ただ、最近は煙を心配して、あまり使わない方々が増えてきました。また自分自身が煙嫌いではなくても、息子や娘から、おしゃれ着に煙が残る、と怒られてしまうケースもあります。

最近では煙がほとんど出ない新しいタイプのお線香がありますので、煙が気がかりな奥様は、そういった新タイプを買えば、締め切った室内でも快適に使えるでしょう。一戸建て住宅だと隙間があるため、煙は残留し難いですが、マンションやアパートだと煙が残りやすいため、煙が出ない新型の方が適しています。

お線香についての記事

医師求人、医師転職、バイト、ウエディング、藻場再生、お線香、マイクロスコープのコンテンツを増やしていきます。

医師求人、医師転職、バイト、ウエディング、藻場再生、お線香、マイクロスコープ以外のお問い合わせはこちら