医療の現場で医師として活躍する人のための求人情報!

高齢化社会にますます拍車がかかる現在では、病院やその他の施設などで活躍する医師や看護師は重要な存在です。だからこそ、働きやすい職場環境が整った職場で働く必要があります。

海の藻場再生と磯焼け対策を進めよう

地球温暖化による海水温の上昇、港のコンクリート埋め立てが進み、海中にある藻場が減少しています。藻場は、魚や微生物のすみかであり天敵から身を守る隠れ場所でもあります。藻場再生は、死滅した藻場を再生させたり、死滅していきそうな状況にある藻場をよみがえらせる活動です。

磯焼け対策には、テトラポットを利用することがあります。藻場再生することで、海に住む生物が増え光合成により酸素が発生されます。日本には多くの魚を消費する食生活があります。

消費するばかりでは、魚は減少していく一方です。海の恵みを頂くという選択をするのなら、藻場再生や磯焼け対策といった環境を守る責任を担わなければなりません。

大学も貢献する藻場再生や磯焼け対策

個人や企業などだけではなくて、藻場再生や磯焼け対策に大学が貢献する事もあります。藻場再生や磯焼け対策に大学が参入する事で、技術開発や研究などの分野で多いに活躍する事ができます。

藻場再生や磯焼け対策においてNPOやボランティアが対応できない部分を大学がサポートする事ができるでしょう。

藻場再生や磯焼け対策は非常に高度な事が求められます。

できるだけいろんな立場の人が自分達の得意分野を活かしつつ藻場再生や磯焼け対策を行う事ができれば、理想的だと言えるでしょう。対策を成功に導くにはたくさんの人の力が必要になりますが、一人一人が環境をよくしたいという気持ちは共通している事でしょう。

多くの生物と藻場再生や磯焼け対策

水深の浅い海域となる場所には、昆布やワカメなどの海藻類が育つ藻場が見られます。藻場は海水側に酸素を供給しつつ、浄化も行う役割を持っています。又、産卵場所や餌場などの役割も果たすため、多くの甲殻類や魚類などの生物が集まってきます。

磯焼けとはその藻場の海藻が死滅してしまっている現象を指しています。磯焼け対策としては、コンクリートのブロックを海中に沈める方法が行われています。コンクリートのブロックに海藻が付着し、藻場再生をする事が可能になります。

この新らしく試みている磯焼け対策や藻場再生においては、期待が集まっています。

藻場再生と磯焼け対策の問題

日本の海は昔から美しく、さまざまな魚がいると言われてきましたが、その様な海においても環境破壊の波が来ています。大きな問題の一つとして藻場で死滅している、磯焼けと呼ばれる岩礁が起こっています。

藻場とは、浅い海面に昆布や海藻が群生されていて、カニや小さな魚、貝などが多く集まる所となっています。ここ最近でその藻場が死滅してしまっている磯焼けが日本の各地で起こってしまっています。

一番の大きな原因は海水温が上がった事で、ウニが大量発生してしまい藻場にある海藻類を食べつくすということがあります。磯焼け対策は、藻場再生などの様々やる事があるのですが、磯焼けの感知を行うことが大切となります。

藻場再生や磯焼け対策で海藻を増やす

最終的な目的として、藻場を生物にとって暮らしやすい場所にし、以前の様な豊かな自然あふれる場所にするために藻場再生や磯焼け対策が行われています。と言っても漠然としていますので、藻場再生や磯焼け対策でまずは、海藻を浅瀬に増やし、生物にとって生活しやすい場所を作るという事を目標に活動が行われています。

藻場再生や磯焼け対策で海藻を増やす事ができれば、自然と魚などが集まってくれる事でしょう。藻場再生や磯焼け対策で海藻を増やすと言っても、海藻が育たなくなってしまったり、食べられてしまってはいけません。

藻場再生や磯焼け対策は、人が手を加えなくても海藻が育ってこそ上手くいったと言えます。

様々な取り組みが話題の藻場再生について

魚や甲殻類、貝類などの海の生き物にとっての産卵場所や隠れ場所、生育場所は藻場と呼ばれ、水産庁や漁業業者の他、複数の企業団体などによって藻場再生への取り組みが進められています。

地球の温暖化によって引き起こされる海水温度の上昇や埋立地の開発など、さまざまな原因が藻場の減少に繋がっています。施肥による栄養供給や、母藻の供給をすることで効果が発揮される藻場の生産力向上、さらにウニなどの食害生物を駆除して食圧を軽減させるなど、様々な取り組み内容によって、藻場再生だけに留まらず、水質が浄化される効果も期待されています。

藻場再生についての記事

医師求人、医師転職、バイト、ウエディング、藻場再生、お線香、マイクロスコープのコンテンツを増やしていきます。

医師求人、医師転職、バイト、ウエディング、藻場再生、お線香、マイクロスコープ以外のお問い合わせはこちら