医療の現場で医師として活躍する人のための求人情報!

高齢化社会にますます拍車がかかる現在では、病院やその他の施設などで活躍する医師や看護師は重要な存在です。だからこそ、働きやすい職場環境が整った職場で働く必要があります。

香典でお線香を贈る

人が亡くなったという知らせを聞いた場合には、香典を贈るのが一般的に常識となっています。香典でお金を贈る人は多いのですが、その他にも線香などを贈る事もできます。

最近では香典と言えばお金を贈る人が多いみたいです。

しかし、その名の通り、香典とは線香が贈られていた事が多いようです。お金を贈る場合はある程度、適切な金額というのがあり、少なすぎてもちょっと失礼になったり、逆に多すぎると相手に気を使わせてしまう事もあります。

できれば、相場などを知っておくといいかもしれません。

心地良い香り線香

お香の中でも特に高価なものに、伽羅があります。お線香などに使われると、数万円もします。

これは、インドネシアなどの東南アジアに生育するジンチョウゲ科ジンコウ属の木に、風雨や病気・害虫などから防ぐために、木の内部に樹脂が分泌されて蓄積されたもので、自然条件、樹齢などの条件が整わないと出来ません。

樹脂化した分だけ比重が重くなって、水に沈むので沈香と言われていて、その最高級品が伽羅と呼ばれています。

東大寺には、とても貴重な伽羅が納められており、これまでに足利尊氏や織田信長、明治天皇などが一部を切り取ったという記述が残っています。

お線香を焚いてて静かに故人と向き合う

お墓参りに行ったときやお仏壇に手を合わせるときに焚くお線香。これにはいくつかの意味があります。ひとつは、拝むひと自身の心身を清めるためです。

お香には、日々のけがれを清める効果があると言われています。お香の煙できれいな心と体にして仏様と向き合いましょう。

また、亡くなってから49日間は、極楽浄土への旅の期間と言われており、その間の食事がお線香の香りであるとも言われています。故人の方が無事に極楽へ辿り着けるために、大切なものです。

他にも、お香の煙はあの世とこの世をつなげてくれると言われています。お香を焚いて汚れのない落ち着いた心で故人とゆっくり向き合う。そんな時間を大切にしていきましょう。

香木をお線香に使うワケ

お線香の香りには様々なものがありますが、その意味として、自分の身とその場を清める事と、香りを召し上がると言われている仏様に、良い香りをお供えするという両方が込められています。

今では合成の香料を使ったお線香が沢山ありますが、天然のものは合成のものとは違い、とても繊細な香りがします。

天然の香料には、なんらかの自然変異によって香りを発するようになったといわれている香木を使用します。代表的なものとして、伽羅(きゃら)・沈香(じんこう)・白檀(びゃくだん)の3つがあります。これらをベースに、桂皮や乳香、八角などのほかの香木をあわせ、香りに甘みや辛みといった変化をつけていくのです。

特に伽羅は、沈香の中で最上級品とされ、古来よりその価値は、金に等しいと言われるほどです。

お線香を最後まで燃焼させるには

お線香はできる限り最後まで燃やしたいものですが、燃え残りが気になる場合は灰に問題が多いです。基本的に、燃焼させるには空気をたくさん含んでなければなりませんので、立てやすいからと灰を押し固めてはいけません。

なるべく底から混ぜ返して、ふっくら空気が含まれるようにします。初めて使用する場合には、わら灰やもみ灰などの混ぜ物がないものがおすすめです。お線香の灰がたまってきたら、よく燃えるようになります。宗派や流儀に関係ない場合は、火をつけた後に香炉の中に三つ折りぐらいにし横に寝かせたら、きれいに全て燃焼してくれます。

お線香の香料に使われているのものとは

お線香には大きく分けて2種類あります。杉の葉を原料として作られてた、杉特有の香りがする杉線香は、よくお墓参りなどに使われます。そして、椨の皮を使い、他の香木や香料を調合して作られた匂線香は、ご家庭でも使われる事が多く、最近では、炭を原料とした煙の少ないお線香が人気です。

このように、原料には天然素材のものが使われており、匂線香では、漢方薬でも用いられている白檀や甘松、その他の香料ではラベンダーなどを混ぜ合わせて様々な香りが楽しめるようになっています。

お線香は、ご先祖様のお供え物としてや、香煙を通じて仏様とお話をすると言う意味がありますので、好みの香りをあげるのも良いでしょう。

お線香やお焼香として利用されているお香

お香は仏教ととも日本に伝われてきたもので、仏様や仏陀への供養とされています。塗香と焼香と2つに分けることができますが、塗香は伽羅白檀、沈香などの香木を浄水で溶いて混ぜたものを練香としたもので仏壇にそえるお線香もこの一つです。

また焼香は葉や皮を細かくした香りのあるもので、葬儀や法要などでつかわれる香炉に香りをおとすお焼香がこれにあたります。

最近のお香のイメージとしては、雑貨屋さんで売られているバリエーションにとんだ香りを楽しむアイテムを思い浮かべる方も多いでしょうが、本来はお線香やお焼香などが元になっています。

線香を生活に取り入れる

線香というと仏壇やお墓の前で使用するものというイメージが強いですが、メーカーからは様々な種類が販売されているためもっと日常生活に取り入れてみるのがおすすめです。

例えば昔からある虫よけタイプは、煙と匂いで蚊などの害虫から身を守ることができます。ガーデニングや家庭菜園など屋外で活動するときはもちろん、きちんと換気をしていれば屋内での使用も可能です。また、心地よい香りを楽しむタイプもあるため、リラックスしたい時にそっと線香に火をともせば立ち昇る良い香りに包まれて幸せな気持ちになることが可能でしょう。このように新しく生活に取り入れたい便利なアイテムです。

お線香についての記事

医師求人、医師転職、バイト、ウエディング、藻場再生、お線香、マイクロスコープのコンテンツを増やしていきます。

医師求人、医師転職、バイト、ウエディング、藻場再生、お線香、マイクロスコープ以外のお問い合わせはこちら