医療の現場で医師として活躍する人のための求人情報!

高齢化社会にますます拍車がかかる現在では、病院やその他の施設などで活躍する医師や看護師は重要な存在です。だからこそ、働きやすい職場環境が整った職場で働く必要があります。

伽羅の線香

香りの種類で高級な香りといえば一番に思い浮かべる伽羅のお線香をお参りの際に持参すると気持ちがなぜか引き締まる感じがあります。高級感とその香りのなせる技といえます。

もちろんお香としても伽羅のお香をたくとあっという間に癒しの空間が演出できます。歴史や文化も込められた香りに深みと嘘のない癒しが満喫できます。

最近は西洋の香りを練りこんだものが多く出回っており気分を変えるにはそれを利用することもありますが本来の古来から認められている貴重な香りは大切に伝承していきたいと思います。

せっかくなので、雰囲気も出したいものです。洋服ではなく、浴衣に着替えて香りを楽しむのはいかがでしょうか。

伽羅のお線香やお香を身近に使い感じることは歴史・文化に触れることでもあります。

現代のお線香の傾向とは

現代のお線香の傾向としては、なるべく煙が少ないような、嫌な臭いがしないお線香が主流となっています。マンション暮らしの方も増え、臭いや煙を気にする方が増えたと同時に、煙で目が痛くなったり鼻水が出てしまう方も多くいらっしゃるために、なるべく人に優しいお線香を利用することが、現代の供養スタイルとなっているようです。

煙が少ないだけでなく、お花の優しい香りがする、見た目も美しいものが増えており、供養を行う際に気持ちが明るくなるようなものが販売されており、こちらはとても人気があります。贈り物として購入する方もおり、利用方法は様々な様です。

お悔やみの進物としてはお線香が最適です

最近は、派手な葬儀を行う家庭が減っており、家族葬や一般の葬儀でも親族とご近所の方を中心としたこじんまりとした葬儀を営む事が増えています。年末に喪中はがきを頂いて、親交のあった方が亡くなられた事を知るケースも増えています。こうした時に、弔意を表す方法としてお線香を進物として贈るのが、1つの良い方法だと思います。

お線香にはピンからキリまでありますが、香りの良い1束づつ筒に入れられたようなものの詰め合わせを贈れば、仏前で使う事もできますし、お墓参りの時にその筒を1つ持参する事ができて非常に便利です。お線香なら、お返しの心配をされる事もなく、弔意を表す進物としては最適と言えます。

お線香のデザインの違いについて

お線香には様々なデザインがあります。最も一般的なのはスティック状のお線香で、長さによって燃焼時間が異なります。仏壇やお墓にお供えする場合、祈りの時間に合わせて長さを選ぶことができるのが利点です。

また、常に燃える面積が均一なので、最初から最後まで均一に香るという特徴があります。円錐型およびコーン型と言われるデザインは、円錐の先端に火をつけるタイプです。燃えていくほど面積が広がっていくので、香りが徐々に強くなっていきます。短時間でしっかり香りを楽しみたい時に便利です。灰がそのままの形で残るので、周囲に灰が飛び散る心配もありません。

お香や線香が身近になったいきさつ

昔から伝統的に伝えられている、お香は人工的な要素が付け加えられていない非常に純粋なもので、100パーセント天然素材の香料から構成されています。良い香りのする香木というものが原料になるのですが、その中でも特に良く知られているのは、沈香や、白檀、伽羅などが挙げられます。

太古の昔から親しまれてきている香木ですが、庶民にも普及し始めたのは、江戸時代を迎えてからのことになります。その江戸時代の庶民の方たちは線香という形で利用されている方法が主流となっていました。

現在でも、お香は線香という形でも親しまれています。

お線香についての記事

医師求人、医師転職、バイト、ウエディング、藻場再生、お線香、マイクロスコープのコンテンツを増やしていきます。

医師求人、医師転職、バイト、ウエディング、藻場再生、お線香、マイクロスコープ以外のお問い合わせはこちら