医療の現場で医師として活躍する人のための求人情報!

高齢化社会にますます拍車がかかる現在では、病院やその他の施設などで活躍する医師や看護師は重要な存在です。だからこそ、働きやすい職場環境が整った職場で働く必要があります。

お香

お香はお線香と同じ様に香が材料となって作成されています。

このお香とお線香の材料になっている香とはどんなものなのかしっていますか。香とは香木の事で、いい香りがする木の事を言います。香木の種類は限られています。

白檀や伽羅、沈香などがそれに当たります。これらの香木はインドや東南アジアなどに多い様ですが、数に限りがあって貴重とされているものもあります。

香の魅力は遠い昔に発見されましたが、今でも再び香の魅力に夢中になっている人も多いようです。たくさんの人が日常的にお香を使っています。

故人の記念日には特別なお線香をあげませんか?

あまいお花の香から高級な木の薫まで、薫の種類も豊富に取り揃えております。

香りを楽しむお香と線香の違い

お香と線香の違いとはなんでしょうか、ふと疑問に思うことはあります。

結果的には、一緒のようです。一般的な考えでは、線香は仏様への供養やお参り等で使用し、お香は空間で香りを楽しむものと分けてしまいますが作り方は一緒で、使用目的によって変ってきます。

しいていうならば、煙の量と香料の違いです。

線香の中でも良い香りの物は沢山あるのでお部屋焚きの香りとして楽しむことができます。使う人の使用目的によって変るだけなので、お香と線香区別することなく線香をアロマテラピーとして部屋焚きに使うのもいいのではないでしょうか。

お香の中でも最上級の伽羅

沈香の中でも香り、形など様々な基準をクリアした最上級のものが伽羅です。非常に良い香りであることからとても人気が高いのですが何せ貴重なので数が少ないです。今では絶滅の恐れがあるとしてワシントン条約で輸出入などが厳しく制限されています。

お香の中でも非常に良い香りとされており、戦国武将が汗の臭いを隠すために兜などに伽羅のお香を焚き付けたというエピソードは有名です。汗の臭いをカモフラージュするだけでなく、香りによるリラックス効果も期待していたのではないかとも言われています。当時の権力のシンボルとされ、武将たちが競ってコレクションしたことも有名です。

現代的なお香の楽しみ

お香というとどうしても仏具としての線香を思い浮かべる人が多く、地味な印象を持たれてしまいがちです。

しかしながら最近では、そのイメージを覆すような現代的なコンセプトのお香も数多く出回っていて、若者にも広く愛用されています。

東洋的な植物に由来する香りは比較的お線香のイメージが強いですが、薔薇やユリなどといった、これまではアロマオイルやキャンドルなどで用いられて来た西洋の香りを持った物も一般化しています。

お香は他の香りのアイテムと比較すると、使用方法も簡単で、また炎が灯った状態では無いので安全性も高いです。現代的なものが増える事で、ますます愛用される状況になっています。

お香でのリラックスグッズについて

日頃の疲れをとり、リラックスをしたい時にお香を立てる方も有ります。一口にお香と言うと白檀が真っ先に浮かびますが、最近はアロマテラピーの一環としてラベンダーやローズマリー・カモミール等のハーブ系の種類も有ります。

お香を立てるグッズとして受け皿的なものが多くあります。疲れ具合等で選択する内容も違ってきます。エステ等では使用している店舗も増えてきています。リラックスしてもらいながら発汗を促進して血行も改善。マッサージの効果も上がってくると言えます。火を使うのでツボ式になっているグッズ用品も増えていています。

お香を楽しむ香木とは

香木とは、心地よい芳香を持ち様々なお香の原料として使われている木材のことで、沈香、伽羅、白檀が有名です。薄く削った物を加熱して香りを楽しむために用いられます。沈香は、ジンコウ属の樹木に、風雨や害虫等外的要因によって木質部に樹液が凝結し、樹木自体が枯れていく過程で熟成されてできたもので、東南アジア全域で産出されます。高価なお香として楽しむほか、鎮静、解毒等の薬用としても用いられています。

伽羅は沈香とほぼ同様の生成過程を経ますが、香気や油質の違いにより沈香と区別されます。ベトナムの一地方でのみ産出され古くから珍重されており、香りの微細な違いを観賞する香道では沈香を品質によって六国に分類しますが、伽羅はその中で最も品位の高い最上の香りとされています。

白檀はインド、東南アジアで産出する常緑樹で、古くから我が国に渡来し、薫物のほか、熱を加えなくても木材そのものが香るため仏像彫刻や扇子、数珠等に用いられています。また抽出された精油はアロマオイルとして、あるいは化粧品の素材としても使われています。

お香をたくといいこと

部屋の香りを良くしたいと考えた時に思い浮かぶのは、①ルームフレグランス②芳香剤③お香になるかと思います。

ルームフレグランスは香水を自分ではなく部屋につけてあげるイメージで、いい香りですが、少しお値段が張ります。毎日部屋をいい香りにするたびに使っていたらいくらあっても足りません。

また芳香剤は匂いがきつく、消臭効果は高いのですが香りに好き嫌いがあります。その点お香でしたら、煙に匂いがついているためそこまできつくなることがなく、またなくならない限りは何度でも火をつけて煙を出せば使用することができるのでコスパも非常に高いです。

お香は日本では昔から身近な存在

アロマセラピーも、非常に気持ちよいものですが、古くから伝わり伝統がある日本のお香も、心地よい癒しの効果を得ることを期待することができます。また、日本で生まれ育ったことの良さを、しみじみと感じることができるというメリットがあります。

あまり馴染みがないもののために何の知識もなく始めることに躊躇してしまう人もいるかも知れないのですが、お香のことを知っていくにつれて、意外にも身近な存在であることに気づくはずです。

日本では、いつの時代であっても、人の身近な存在として香りが側に寄り添っていたことに気づくことができます。

お線香についての記事

医師求人、医師転職、バイト、ウエディング、藻場再生、お線香、マイクロスコープのコンテンツを増やしていきます。

医師求人、医師転職、バイト、ウエディング、藻場再生、お線香、マイクロスコープ以外のお問い合わせはこちら